アルスラーン戦記アニメまとめ

アルスラーン戦記についてまとめたサイトです。漫画やアニメ、声優、みどころなどアルスラーン戦記の魅力を余すところなくお伝えするサイト。

人物考察・原作小説

楽士×女好き!弓術の名手ギーヴ!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物ギーヴ考察

アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」の登場人物を詳細にまとめました。

今回は流浪の楽士として登場するギーヴについてです。

ギーヴ役の声優さんはKENNさんですね。

原作小説からのネタバレも含むのでご注意ください!

(ネタバレあり)「アルスラーン戦記」ギーヴの秘密

ギ―ヴ

「流浪の楽士」を自称する美青年ギーヴは、アトロパテネの会戦後に登場します。

アニメ公式サイトでのキャラクター紹介はコチラ。

ファランギースの美しさに心奪われ、アルスラーンの仲間にくわわった流浪の楽士。美しい女性や金目のものが大好きで、普段の行動は軽薄
しかし、その飄々とした佇まいとは裏腹に、影では細やかな計算を張り巡らせている
武器や馬の扱いも巧み。現在は一行を離れ、宝剣ルクナバードを探す旅に出ている。

頭髪は赤紫色。
剣や弓の扱い、楽器、また女性の扱いまで優れています。
特に弓の扱いに関しては神業的な腕前を誇ります。

剣技についても、銀仮面ヒルメスの猛攻をしのぎ切るなど、
ダリューン・ヒルメスほどではないものの、相当の腕の持ち主です。

アルスラーンの異称である「解放王」の名を最初に称したのは、
ギーヴだとされています。

初登場は、アトロパテネの会戦に敗れた後でした。

王都エクバターナはルシタニア軍に包囲されていました。

その時に、囚われの万騎長シャプールは、

「敵に穢されるより同胞パルス人の手で死にたい」

と叫びます。

その時に、エクバターナから遠矢でシャプールを射殺したのがギーヴでした。

 

その働きに王宮で感謝されますが、元来さすらい人のギーヴは王都を抜け出し、

絶世の美女ファランギースと出会います

ファランギースはアトロパテネの敗戦を聞き、アルスラーンの元へ参上する道中でした。

ギーヴは、ファランギースへのつきまとい同然の形で
アルスラーン陣営に加わることとなります。

飄々とした性格でどこか人を食った発言も多いですが、
アルスラーンが王城の外で育ったことを見抜くなど、
洞察力は大変鋭い人物です。

本人曰く、2枚の舌に加え、10以上の”色のない舌”を持つと言います。

自らを「アシ女神の僕」とし、ファランギースを「アシ女神の化身」と呼んでいます。

ファランギースに対し好意を持っているのは確かですが、

ファランギースにあしらわれることを楽しんでいる風でもあります。

 

他人の奉仕を当然と思っている王侯貴族という人種を軽蔑していますが、

アルスラーンと行動を共にするうち、

少しも王族らしからぬアルスラーンに興味を持ち好感を抱くようになります。

後にナルサスの策略で、パルス諸侯の不満を折衝する目的でアルスラーン軍から出奔。

伝説の宝剣ルクナバードが納められたデマヴァント山へ向かいます。

デマヴァント山では、ヒルメスが宝剣ルクナバードを掘り返そうとしているところに出くわし、蛇王の封印が解けることを防ぎます。

のちに、第二次アトロパテネの戦いにおいて、

ルシタニア軍で最も高潔な騎士と謳われたモンフェラート将軍を討ち取り、

パルス王室の財宝が暴兵に奪われることを防ぎます。

第2部では宮廷楽士となります

2話-3

原作小説の第2部では、パルス国の宮廷楽士、兼、巡検使(アムル)としてアルスラーンに仕えます。

飄々とした性格は相変わらずで、

「不逞・不遜・不敵と三拍子揃った男」

「火を消す代わりに洪水を起こす」

などと言われています。

パルス国内を自由に旅し、得た情報をアルスラーンに報告するという任務に就いています。

また、ナルサスの指示により遊軍的役割を担うこともあります。

アルスラーンに仕えてはいるものの「パルス随一の色事師」振りは健在です。

チュルクへの大使となったり、

オクサスに向かったファランギースとアルフリードを助けた後、

道に迷って旧バダフシャーン公領で一騒動起こすことになるなど、

まだまだギーヴの旅は続いています。

ギーヴとファランギースとの関係は?

気になるファランギースとの関係ですが、

弓の名手として名コンビを組むことはあるものの、

追いかけるギーヴ vs あしらうファランギース

という関係が続きます。

絶世の美女にもかかわらず、

言い寄る男性にまったく興味を示さないファランギースにとって、

「よい下僕」程度の存在にも見えますが、

アニメでは二人は漫才みたいに良いコンビだったなーと思いますね。

※ファランギースについてはこちらの記事にまとめています
ファランギースは露出度が高い!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物ファランギース考察

-人物考察・原作小説