アルスラーン戦記アニメまとめ

アルスラーン戦記についてまとめたサイトです。漫画やアニメ、声優、みどころなどアルスラーン戦記の魅力を余すところなくお伝えするサイト。

ストーリー

第4話アニメ「アルスラーン戦記風塵乱舞」2期 あらすじ感想「陸の都と水の都と」評価 シャガードの本性は?

2016/07/25

2期「アルスラーン戦記 風塵乱舞」。

3話はアンドラゴラスに事実上の追放を言い渡されたアルスラーンが

ひとり城を後にしますが、再び仲間が集結するところで終わりました。

第3話のあらすじはこちらの記事もご覧ください。
第3話あらすじ感想「征馬孤影」評価 キシュワードの本音がチラ見え

さて、4話のあらすじ、感想をお届けします!

「アルスラーン戦記 風塵乱舞」第4話・陸の都と水の都と あらすじ

4話-1

公式サイトのあらすじはこちら。

アンドラゴラス王の命を受け、ペシャワール城塞を旅立ったアルスラーンたちは、一路、南を目指して馬を進める。
路の途上で出会ったゾット族の助けも得て、無事、ギランへと辿り着いた一行は、活気あふれる街の風景に心躍らせる。
さらに、ナルサスの旧友・シャガードからの歓待を受け、しばしの安息を手にするのだった。
だがしかし、噂ではそんな街にも平和を脅かす存在があるのだという。商船を襲う、神出鬼没の海賊たちだ。

 

最初のシーンはギランへ向かうアルスラーン一行

ギランへ向かう一行は、
途中、山賊に遭遇しますが、
アルフリードが山賊を制止します。
山賊だと思ったのは、族長不在が続くゾット族でした。

ゾット族の男は族長の娘アルフリード

「帰ってきて下さらないのか」

と聞きますが、アルフリードは

「アタシはもうナルサスの妻なんだから!」

と戻る気はなさそう。

すると、ゾット族の男は急に、
「ナルサス様、いえ、旦那様、

これからはわれらゾット族一同、

あなたに忠誠を誓わせていただきます!

と言い出します。

そしてアルスラーンに対しても

困ったことがあったらすぐに駆けつけます、と跪きます。

初めて海を見るアルスラーン

アルスラーンはパルスの南に広がる海を初めて目にしました。

そして一行は港湾都市ギランに到着します。

にぎやかで活気ある街に一行は心躍らせ、買い物などに励みます。

シャガードとの再会に生き生きするナルサス

シャガード

一行は、ナルサスの王立学院時代の友人・シャガードを訪ねます。

旧友との再会に、まさに生き生きとするナルサス。
シャガードはアルスラーン一行を快く受け入れてくれました。

食事時、アルスラーンたちはシャガードに、

アンドラゴラス王が帰還したこと、

そのために、ギランにも協力を得たいと思い

ここまで来たことなどを話します。

5万の兵を集めよとの命を受け、

ギランの財力が必要であること、

総督にはナルサスから話をするので、

シャガードから商人らに話してもらえないかと依頼をします。

シャガードは、

旧友の頼みとあっては、と
快く了承してくれました。

奴隷は不可欠であると言い出すシャガード

協力を了承したシャガードですが、
この町の繁栄には奴隷の労役が不可欠だと話し始めます。

アルスラーンが発した「奴隷廃止令」はギランにも届いていますが、

ギランの商人たちは、快く思っていないと言います。

「シャガード殿も奴隷廃止令には反対なのか?」

と切り込むギーヴですが、すかさずナルサスが言います。

「シャガードと私は、学生時代に

『いつかこの世から奴隷制度をなくそう』

と語り合った仲だ」と。

シャガードの本音が見えてくる

その夜は各々がゆっくりとした時間を過ごすことができました。

ナルサスは旧友のシャガードと語り合っています。
シャガードは、
「まさか、アルスラーン殿下が本当に奴隷制度を廃止しようと思っているとは」
と言い出します。

シャガードが奴隷を使っていることを

薄々感づいていたナルサスが問いただすと、

商人であるがゆえに、奴隷を使うのは仕方ない、

奴隷なくして今のパルスの繁栄はない、

シャガードは言います。

「誰もが平等に豊かに暮らすなど、夢物語だ」

というシャガードに、ナルサスは

「たしかに夢物語かもしれないが、

殿下は心の底からそれを試そうとしている。

そんな殿下に私はついていきたいと考えている

と語り、シャガードを驚かせます。

ギラン総督府で聞いた海賊の噂

4話-2

翌朝、ギラン総督府を訪れた一行を、総督のペラギウスは大歓迎します。

調子よくしゃべるペラギウスですが、

財力もあり豊かであるにもかかわらず、

アトロパテネの大戦で兵を出さなかったことを指摘されると、

とっさに口ごもります。

そして、町が海賊に狙われており

海賊から町を護るために兵を出せなかったと言います。

海賊の手際の良さから、裏で操っている者がいるのではないかとも言います。

まさにその時、商船が海賊に襲われる

4話-3

その時、ファランギースが、精霊(ジン)が騒いでいることを察します

港を見ると、一隻の商船が海賊船に狙われ、火を放たれていました。

商船に海賊らが乗り移り、船長自ら応戦していると、
目の前の海賊に矢が刺さり倒れます

ファランギース、ギーヴ、ダリューン、ジャスワントが船で駆け付けたのです。

海賊たちは、敵はたった4人だと侮っていますが、

なかなか倒れないダリューンらに

「何者だ!?」

と問いかけます。

ギーヴが答えます。

「この男こそが パルス最強の戦士

マルズバーン(万騎長)ダリューンだ」

と。

海賊らを倒し、商船は無事寄港することができました。
しかし、これは次の戦いの序章にすぎませんでした。

感想

第4話は2期新キャラ祭りでしたね!

港町ギランで商人として成功を収めているシャガード、

海上商人(商船の船長)のグラーゼ。

グラーゼはのちにアルスラーン一行に加わる【味方】ですが、

ナルサスの旧友で心を許してしまいがちなシャガードは、のちの【敵】なんですね。

第4話でも不穏な空気を感じ取れましたが、

第5話の予告は「決別」とのことで、

早くもナルサスとシャガードの決別のときが描かれるようですね。

 

今回の個人的ヒットは、商船を助けに行ったシーン、

小さな船の上で弓を構えるギーヴとファランギースが映し出された瞬間ですかね。

この二人が揃うと、美味しい気分になります。

シャガードについてはこちらの記事にまとめています。(ネタバレ注意)
ナルサスの旧友シャガード!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物シャガード考察

グラーゼついては、こちらの記事にまとめています。(ネタバレ注意)
グラーゼは海上商人から十六翼将に出世!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物グラーゼ考察

今回のエンドカードはこちら

エンドカード4話

イラストレーター、マンガ家(夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜など)で活躍中のヤスダスズヒト氏によるギーヴとファランギース。。。ありがたい。

-ストーリー