アルスラーン戦記アニメまとめ

アルスラーン戦記についてまとめたサイトです。漫画やアニメ、声優、みどころなどアルスラーン戦記の魅力を余すところなくお伝えするサイト。

ストーリー

第5話アニメ「アルスラーン戦記風塵乱舞」2期 あらすじ感想「決別」評価 ダリューンのカッコよすぎるカット

2016/08/10

2期「アルスラーン戦記 風塵乱舞」。

4話は港町ギランで、ダリューン、ギーヴ、ファランギース、ジャスワントが

海賊を倒すところで終わりました。

第4話のあらすじはこちらの記事もご覧ください。

第4話アニメ「アルスラーン戦記風塵乱舞」2期 あらすじ感想「陸の都と水の都と」評価 シャガードの本性は?

さて、第5話のあらすじ感想をお届けします。

「アルスラーン戦記 風塵乱舞」第5話・決別 あらすじ

公式サイトのあらすじはコチラ。

ギランの付近で海賊に襲われていた商船「勝利」号を助けたダリューンたち。
その船長であるグラーゼは気持ちの良い海の男で、命の恩人の主であるアルスラーンが5万人の兵を求めていることを聞き、持てる財力を駆使した惜しみない協力を申し出る
そうした申し出を受けてナルサスは、どこか不審な様子を見せているギランの総督・ペラギウスに対し、ちょっとした策を仕掛けようと試みるのだった。

海賊を倒した船の上のシーンから

5話-2

グラーゼダリューンらに、海賊から助けてもらったお礼を言います。

そして、お礼に一杯おごらせて欲しいというグラーゼと共に、

一行は酒場に向かいます。

にぎやかな酒場で、ナルサスとアルスラーンはグラ―ゼにパルスの現状を話しています。

ナルサスは、グラーゼたち商人には兵を集めるための資金の調達を頼みたいと申し出ます。

かしこまって頼み込むアルスラーンにグラ―ゼは、
命を助けてくれたお礼だからと、協力を快諾します。

 

信用ならないギラン総督ペラギウスへの秘策

現在総督のペラギウスはどうも信用ならない人物であるため、
ナルサスが奇策を考えます。

まずはグラ―ゼが、ペラギウスの元を訪れます

海賊に襲われたが、

アルスラーンたちのおかげで積み荷はほとんど無事だったことを報告し、

その代り、総督に絹の国セリカからの土産物を、と申し出ます。

土産物とは…

絹の衣装に身を包んだ絶世の美女、ファランギースでした。

気を良くしたペラギウスは、

酒豪のファランギースに酒を飲まされ、ご機嫌に話し始めます。

 

その間ギーヴはペラギウスの屋敷を調べあげています。

付き人として酒席に同席していたジャスワントの合図で、
ファランギースはペラギウスを投げ飛ばし、縛り上げます。

ナルサスの予測通りでした。

ペラギウスが民からの税を着服している、

その証拠はすでにギーヴが手に入れていました。

アルスラーンは、

王都の混乱に乗じて私腹を肥やしていたペラギウスに

ギラン総督解任を言い渡します

アルスラーン統治下へ

5話-1

翌朝にはペラギウスの解任と追放が街の人々にも知らされ、
次期総督が決まるまではアルスラーンの統治下へ入ることとなりました。

アルスラーンはさっそく銀貨20万枚を町の人へ返すことにします。

これをきっかけに、ギランの街が良い方向へ変わっていくといい、
と話しているエラムとナルサスに、

シャガードが
「あんな貧しい連中のご機嫌取りをしてなんになる?
ギランは商人で成り立っている都市だ」と言います。

ナルサスは
「わかっているが、不平等をいつまでも見過ごすわけにはいかない」と言い、

シャガードがイラつかせます。

海賊を手引きしている者は誰か

さらにナルサスは、

「このあとは海賊をなんとかする」

と言います。

ナルサスの調査によると、

海賊は高価な品や珍しい品を乗せた船が港に入るときだけ、

狙いすましたように襲っていることがわかったといいます。

海賊に情報を流している者がいることは明白ですが、
その推測からナルサスとシャガードが口論に発展してしまいます。

すっかり変わってしまったシャガードにナルサスは落胆の気持ちを隠せません。

海賊が大軍を引き連れて港に…

5話-3

その時、またもや海賊が港に入ります。

ダリューンらに倒された恨みで、大軍を率いて襲いに来ましたが、

潮の流れが変わり、船があらぬ方向へ流されていきます。

潮の流れを変えて船を流すこと、

これがナルサスの策だったのです。

続いて、グラ―ゼ、ダリューンが海賊船に乗り込みます。

ダリューンがグラ―ゼに背中を預ける様子を見て、

ナルサスは

「グラーゼをギランの総督代理にするといい」

とアルスラーンに提案します。

海賊船ではダリューン、グラ―ゼらが多数の海賊を制圧、
海賊はすべて捕らえられました。

牢屋にて

海賊らが入る牢屋に、一人の男が現れます。

海賊は、その男に謝ります。

「あんたの指示なく、勝手に動いて悪かった。許してほしい」と。

薄暗がりの中のその男は、

ナルサスの旧友シャガードでした。

感想

ヤシャスィーンもなく、どことなくのんびりとしたストーリーが続いていますが、

やっぱりシャガード悪い人だったじゃん!!

が一番の感想ですかね~

ナルサスは、一時期エラムをシャガードに預けようと思っていたことを

エラムに告白します。

でも、今は「そうしなくてよかったと思っている」

ナルサスが言うと、エラムは嬉しそうな顔をします。

エラムのシーンも長かったですね!

 

そして何よりダリューンですよ(個人的に)。

前回、今回とダリューンがカッコよすぎる!

5話-3

これは海賊を倒すシーンでしたね。

いやぁ、あらためて惚れ直しております。。

気になる予告・王都エクバターナ

今回は予告も気になりました。

久しぶりのエトワール登場!

王都エクバターナにて、
陛下暗殺の手引きをしたとしてエトワールが捕らえられています。
そして、ギスカールが
「役者は揃った」と不気味にほほ笑みます。
塔の上にたたずむイリーナ?…

うーん、何が起こるんでしょうか。

 

 

グラーゼはのちにアルスラーン陣営で十六翼将となる人物です。
人物考察はコチラ!(原作ネタバレ注意)
グラーゼは海上商人から十六翼将に出世!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物グラーゼ考察

シャガードの人物考察はコチラです(原作ネタバレ注意)
ナルサスの旧友シャガード!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物シャガード考察

-ストーリー