アルスラーン戦記アニメまとめ

アルスラーン戦記についてまとめたサイトです。漫画やアニメ、声優、みどころなどアルスラーン戦記の魅力を余すところなくお伝えするサイト。

ストーリー

第7話アニメ「アルスラーン戦記風塵乱舞」2期 あらすじ感想「虹の都」評価 アズライールが活躍したぞ!

2016/08/15

前回の第6話は主に王都エクバターナでのストーリーでした。

ヒルメスが白馬の王子様のごとくさっそうとイリーナ姫を救い出したり

メルレインエトワールが出会ったり…

ストーリーが大きく動いた回でもありましたね。

第6話のあらすじはこちらの記事もご覧ください
第6話あらすじ感想「列王の災難」評価 あのヒルメスがヒーローだった件

さて、第7話のあらすじ感想をお届けします!

「アルスラーン戦記 風塵乱舞」第7話・虹の都 あらすじ

公式サイトのあらすじはコチラ。

捕えた海賊から、とある島に隠された古(いにしえ)の財宝の情報を聞き出したアルスラーンは、ダリューンとナルサスの率いる軍を島へと送り込む。

しかしその情報は、海賊たちと通じたシャガードによる罠だった。
頼りがいのあるふたりの将が不在となり、手薄になったアルスラーンの陣
その隙を突き、シャガードの率いる大量の海賊たちが、どこからともなく姿を現す。
突然の敵襲によって、窮地に陥った王太子の命運や、いかに!?

 

ダリューン、ナルサスたちは古の財宝を探しに島へ

海賊から古の財宝の話を聞いたアルスラーンたちは、

軍資金を手に入れるために島に向かうことに。

船が出港したその夜、海賊の大軍が次々と港から上陸してきます。

王太子府を占拠せよ

7話-2

海賊を指揮しているのは、シャガードでした

「王太子の有能な家臣たちは、

ありもしない財宝を探しに出かけた。

手薄になった王太子府は

我々が占拠する

と、海賊たちに言い、王太子府に向けて出発します。

エラムとアルフリードは海賊が来ることを知っていた

海賊が攻めてきたことを聞いたアルスラーンは、

「敵の目的はここの占拠だ。決して門を開けるな」

と家臣に指示を出します。

 

エラムとアルフリードは、

海賊たちが攻めてくるのを城の上から眺めています。

エラム「ナルサス様の言ったとおりだ」
アルフリード「ナルサスの計算に狂いなんかないのよ」

ナルサスがこの海賊の攻撃を読んでいたらしく、

迎撃体制は万全。

城への上から海賊を迎撃するエラム、アルフリードたちですが、

そこへ馬に乗ったシャガードが登場します。

「無駄な抵抗だ。直ちに門を開けろ」

シャガードが海賊の指揮を執っていることに

エラムは驚きます。

シャガードは続けて、

「王太子には名誉の戦士をしていただく。
ギランの総督は話の分かる人間にしか務められない」

と言い放ちます。

ヤシャスィーンきたーーー!

7話-1

迎撃するエラム達ですが、

多勢に無勢で海賊の大軍になすすべもありません。

海賊の攻撃に城の門が破れそうになったその時、

鷹のアズラィールが飛来する。

それを合図に、城とは反対側の高台から、

ナルサス率いるゾット族が姿を現します

※ゾット族は族長であるアルフリードの夫(アルフリードの思い込みですが)
として、ナルサスに忠誠を誓っています。
詳しくは第4話の内容をご参照ください!

そして、ナルサスの指揮が響きます。

「海賊を一掃しろ!

ヤシャスィーン!」

きたー!ナルサスのヤシャスィーン!!!

そしてナルサスが城壁まで進み、

「エラム!アルフリード!よく敵の注意を引き付けてくれた!」

と感謝を述べます。

迎撃が弱かったのも、

エラムとアルフリードという、ナルサスに近しい人間が

シャガードを会話で引き付けたのも、

すべてナルサスの策だったわけですね。

アルスラーンはアズライールと街の平和を決意する

優勢に傾いたことに驚いている臣下に、

アルスラーンは、

「どうやらナルサスたちが間に合ったようですね」

と話しています。

アルスラーンが、海賊の襲撃を知っていて、

わざと無防備を装ったことに臣下は驚きます。

そして、アルスラーンは、アズライールを腕に乗せ、

「この戦いでこの町の腐敗の現状を白日の下にさらす!」

と決意を新たにします。

 

街では、ジャスワント、ファランギース、ギーヴも海賊を倒しています。

さらに、グラーゼが呼びかけ、街の人々たちも立ち上がります

ナルサスとシャガード、ついに直接対決

城の前ではナルサスとシャガ―ドの直接対決の様相を呈し始めています。

「謀ったな」

というシャガードにナルサスは

「お互い様だ。お前の裏をかいたまで。

海賊が吐いた宝島の情報など鼻から嘘だと見抜いていた。

お前は自分の策に溺れたのだ」

と返します。

 

そしてシャガードが海賊たちにナルサスを射るよう命令したその時、

ダリューンが登場します。

 

ダリューンが向かってくると、シャガードは逃げ出しました

逃げるシャガードは、港へ向かい船に乗って逃げようとしますが、

ナルサスはその船に飛び乗ります

港ではダリューンが船を眺めナルサスを案じています。

そこへグラーゼも到着。

ダリューンはグラ―ゼの船でシャガードを追います。

そして、グラーゼの船がシャガードの船に追いつき

ダリューンが海賊らを一掃します。

7話-3

ナルサスとシャガードは決闘となりますが、

戦いは互角。

シャガードが最後の一撃を振り下ろそうとした瞬間、

アズライールがシャガードの顔に襲い掛かり

そのすきにナルサスが一撃を食らわせます。

シャガードへの罰を言い渡すアルスラーン

極刑は免れないと思われたシャガードですが、

アルスラーンが下した審判は、

「お主を奴隷商人に引き渡す。1年間、鎖につながれ
奴隷としてみじめな生活を送ってみるといい」

というものでした。

「1年とはつくづく甘い王子だ。

1年たって、自由の身になったら、

お前に復讐するぞ

などと、この期に及んでまだ言うシャガードに、

ダリューンが掴みかかります

しかしアルスラーンは、そんなダリューンを制止し、

「お主が真に知恵者だというのなら、

志ある人間に変わることを願っている。

ナルサスが、【友】と呼んだ男なのだから

とシャガードに語り掛けます。
ギランの街では、統率者を失った海賊は根絶、
晴れてアルスラーンの統治する街となりました。

エトワールとメルレインが到着

ホッとしたのもの束の間。

王都エクバターナからエトワールとメルレインが到着します。

エトワールはアルスラーンに懇願します。

「どうか、イノケンティス陛下を助けてくれ」

と。

感想 来週はなんと最終回!

シャガード、ついに捕らえられましたね。

やっぱり原作通りの悪者だったということで…

シャガードの人物考察はこちらです(ネタバレあり)
ナルサスの旧友シャガード!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物シャガード考察

しかし、そんなシャガードの策をマルっと読んで

裏をかいたナルサスもさすがです。

ゾット族も強かったですね。

今回はアズライールもずいぶん活躍しました。

そして、前回から言ってますが、

ダリューンがカッコよすぎる・・・w

ファランギース、ギーヴ、ジャスワントもちょいちょい出てきましたが、

もう少しそれぞれのシーンをじっくり見たかったなぁ、、、

というのは贅沢ですかね。

 

さて、来週はなんと最終回です。早っ。

第3期にも期待したいところですが、

来週はエクバターナですかね…

エクバターナで終わるんですかね…

まさか、イノケンティスアレするところまでやるとなると、

厄介な父ちゃんアンドラゴラス王も出てくるんですかね…

タハミーネ王妃、ほとんど出てこなかったですね…

などなど、妄想は尽きませんが、

来週を楽しみにしたいと思います。

そして、第3期にも期待!ですね。

-ストーリー