アルスラーン戦記アニメまとめ

アルスラーン戦記についてまとめたサイトです。漫画やアニメ、声優、みどころなどアルスラーン戦記の魅力を余すところなくお伝えするサイト。

アニメ1期 人物考察・原作小説

天下無双のダリューン!ナルサスとの関係は?「アルスラーン戦記」登場人物ダリューン考察

2016/07/16

アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」の登場人物を詳細にまとめました。

今回はダリューンについてです。

ダリューン役の声優は「黒子のバスケ」日向順平なども演じている細谷佳正さんですね。

原作小説からのネタバレも含むのでご注意ください!

ダリューン考察

ダリューン

主人公のアルスラーン王太子に忠義を尽くし、

いつもアルスラーンを護る存在

ダリューンについて考察したいと思います。

ダリューン、かっこいいですよね。

ダリューンの強さは、戦記の中でも天下無双と呼ばれ、各国の武将がダリューンの名を知るほどです。
どんなに強い武将でも、あっさりとダリューンに斬られたりしています。

強さはヒルメスと互角、あるいはヒルメスより上=最強なのでは?との説もあります。

ダリューンのプロフィール

年齢は27歳(小説開始時=王太子14歳の時)、

パルス国の万騎長で、

愛馬は黒影号(シャブラング)

かつてパルスの大将軍であり、アルスラーンの剣の師でもあったヴァフリーズの甥にあたります。
ヴァフリーズはアトロパテネの会戦で戦死しますが、死の直前、ダリューンに

「アルスラーン殿下“個人”に忠誠を尽くせ」と言い残します。

以来、ダリューンはアルスラーンをずっと護り続けているわけです。

ダリューンとナルサスの関係は?

アトロパテネの会戦に敗れたとき、アルスラーンとダリューンは山奥に住むナルサスの元を訪ねます。

知略に優れるナルサスは、かつてはパルス軍に属していましたが、アンドラゴラス王の怒りを買い、山奥で絵を描きながら暮らしています。

ダリューンとナルサスは、いわば親友、戦友、と言ったところでしょうか。

ダリューンは、ナルサスの絵のことを馬鹿にしたりしていますが、

お互いに戦略などの相談をしたり、

意見を聞きあったりと、

非常に信頼している関係とも言えます。

原作でのダリューン人物像とプロフィール(ネタバレあり)

2話-2

・パルス国の武将で万騎長(マルズバーン・1万の騎兵を指揮する将)の1人
・初登場時27歳
・大将軍(エーラーン)ヴァフリーズの甥
・12人の万騎長の中では最も若年

ダリューンに関しては、原作とアニメでの設定の相違はほとんどありませんね

黒い甲冑と真紅の裏地の黒マントを身に纏い、

黒毛の愛馬・黒影号(シャブラング)を駆る黒衣の騎士で、

大陸公路有数の戦士として名を馳せています。

過去に大陸公路最強と謳われたトゥラーンの王弟を馬上から切り伏せたこともあり、
「戦士の中の戦士」(マルダーンフ・マルダーン)、
「猛虎将軍」(ショラ・セーナニー/シンドゥラでの呼び名)
など数々の異名を持っています。

アトロパテネの会戦の際、ルシタニア軍の動向に疑問を抱き、アンドラゴラス王に退却をと申し出ますが、聞き入れてもらえませんでした。
さらにナルサスとの関係について「友人」と答えたことで、アンドラゴラス王の怒りを買ってしまい、万騎長を解任されました。

根っからの武人ですが、頭も良く、

ユーモアや人の心情を解する感性はむしろ豊かで、

アルスラーンの精神的な支えとなっています。

一方、ナルサスのことになると(特に絵のこと)、急に口が悪くなります。

アルスラーンとは臣下として古くから親交を持っており、
伯父ヴァフリーズの願いもあって、アルスラーン個人への忠誠を誓っています。

アトロパテネの会戦での敗北の際、ダリューン一騎でアルスラーンを救い出します。
その後、山奥の親友ナルサスを訪ねます。

パルス国の王都奪還に向けて進むアルスラーンをいつも護り、

アルスラーンの成長を喜び、

日々忠誠心を固くしています。

原作第2部でのダリューンは

原作小説の第2部では、

ルシタニア侵攻時の戦功第一と呼ばれましたが、ダリューンは前線での戦いを望みます。

そのため、大将軍の地位をキシュワードに譲りました

アルスラーンへの忠誠はいつまでも厚く、

その武勇はミスル、チュルクの兵士にも刻み込まれました。

その後、グラーゼ、ジムサを失ったキシュワードが責任を取り大将軍の任を解かれると、

アルスラーンはダリューンに再度大将軍就任の依頼をします。

ダリューンは、

「若い主君が国王の重責に耐えているのに自分が逃げてはいけない」

と大将軍就任の決意をします。

恋の話が1つもないダリューン

これだけ硬派・強い・かっこいい(アニメ&コミックですが)と3拍子揃ったダリューンですが、恋の話は一向に出てきません。

ギーヴやクバートはファランギースに言い寄りますが、
ダリューンに関してはまったくそういう話もありません。

あのナルサスでさえ、

「勝手に妻を名乗っている」アルフリードという存在が、

一応いるんですが…

ダリューンは、アルスラーン殿下ひとすじ!
(過保護との説も…)
仲がいいのはナルサス!
(お互い悪態を付きますが信頼している)

と、男っ気しかありませんね。

カッコイイんだけどなぁ。

-アニメ1期, 人物考察・原作小説