アルスラーン戦記アニメまとめ

アルスラーン戦記についてまとめたサイトです。漫画やアニメ、声優、みどころなどアルスラーン戦記の魅力を余すところなくお伝えするサイト。

人物考察・原作小説

イリーナ姫はヒルメスの妻になる!アニメ「アルスラーン戦記」登場人物イリーナ姫考察

2016/07/16

アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」の登場人物を詳細にまとめました。

今回はイリーナ姫についてです。

イリーナ姫はどうやら2期3話で登場しますね!(これを書いているのは2話終了後)

イリーナ役の声優さんは茅野愛衣(かやの あい)さんですね。

原作小説からのネタバレも含むのでご注意ください!

(ネタバレあり)「アルスラーン戦記」イリーナ姫の秘密

イリーナ

イリーナ姫はマルヤム国の姫です。

公式サイトでのイリーナの紹介はこちら。

ルシタニアによって滅ぼされたマルヤム国の美姫。病気で視力を失い、肉体的にも弱々しいところがあるが、そのたたずまいは気品と誇りに満ちている。

アニメでは2期で初めて出てくるキャラクターとなりますね。

このイリーナ姫、のちにヒルメスの妻となる人物です

 

マルヤムの内親王(姫)で、国王ニコラオス四世と王妃エレノアの娘です。

ミリッツァという名の姉がいます。

白く美しい顔立ち、黄銅色の髪の、ひどく儚げな美姫で、眼の病によって視力を失っています

ヒルメスとの出会いは子どもの頃にさかのぼります

アンドラゴラス王の暗殺に遭いパルスを脱出した少年ヒルメスは、しばらくマルヤムに滞在していました。

その時にも、このイリーナ姫と交流をし、お互いに好意を抱くようになります。

 

十年以上の月日が流れ、イリーナ姫は、ルシタニアのマルヤム侵攻によって両親と姉を失います。

マルヤム王家唯一の生き残りとしてパルスに逃れますが、

その後、紆余曲折を経てヒルメスと再会します。

イリーナとの再会シーンも、つれないヒルメス…

ヒルメス2

あるとき、イリーナ姫の一行が40騎ほどの軍とすれ違います。

イリーナに仕える者が、“銀の仮面をかぶった男”がいることに気づきます。

(イリーナは目が見えないので)

そして、イリーナは声をかけます。

「ヒルメスさまですね、そうでしょう?」

「何のことかわからぬな」

「おぼえていらっしゃいませんか、ヒルメスさま」

「知らぬと言っておろう」

アルスラーンに敗れ、復讐そのものも意味をなさず…

そのようにつれない態度を取ってしまうほどに、

ヒルメスの心は荒廃していたのかもしれませんね。

ヒルメスとイリーナの幸せな日々は、長くは続かない

そんな再会ではありましたが、ヒルメスとイリーナ姫は結ばれます。

2人はチュルクに滞在し、

ヒルメスはカルハナの謀臣として働き、カルハナの即位に功績を立てます。

夫婦としてとても幸せな生活を送りますが、元々病弱なイリーナはここで病にかかります。

お腹にはヒルメスとイリーナの子を宿していましたが、

その子とともに病死ししてしまいます。

 

美しく儚いイリーナ姫、幼少時に暗殺から逃れたヒルメスの心にも温かさをもたらしました。

そして、大人になり復讐や王座奪還という目的を失ったヒルメスと再会してからも、

ヒルメスの心を愛情で包み込みました。

憎悪や攻撃的な心しか持ち合わせていなかったヒルメスにとって、

イリーナと一緒にいることは、

唯一心温まる時間だったのではないでしょうか。

-人物考察・原作小説